入学まで

入学を迷っている方へ ぶっちゃけトーク

ぶっちゃけとーく

今まで色々な学校の事をお伝えしてきましたが、更に深くまでお伝えする暴露形式で生徒同士で感じた事など学校の裏側までロミノ学校の事をもっとより深く知って頂きたいと思います。
題して「ここが良いよ!悪いよ!ロミノ学校」(笑)
まずはこの学校のメリットから掘り下げてお伝えしていきます。

学校のいい所!

まずは私が感じているこの学校のメリットから掘り下げてお伝えしていきます。

メリット1

学校が運営するサロンで実習を通してお客様の声が直できける 

実習生が行うマッサージサロンでは、一般のお客様をプロになった時と同じように接しながら実習を行います。もちろんここに来るお客様は実習生の行うマッサージというのは承知しておられます。一番勉強になるのは、お客様の声でした。施術後に自分のマッサージがどうだったか具体的に聞くことができます。お時間がある方にはアンケート用紙に記入してもらい、実際にどう感じたかを書いてくださります。お客様には今自分は実習生として勉強している身なので、正直に教えてほしいと言って感想を聞きました。そこでアドバイスをもらった内容はずっと自分の中に残ります。褒めて頂ける事はもちろん嬉しいですが、もっとこんな風にしてほしかったなど色んな情報を教えてくれます。お客様もプロではなく実習生だからこそ教えてくれると部分もあると思います。私の為に言ってくれてると思ったらこんなうれしい事はないです。

これがプロになった瞬間からお客様に施術後、根掘り葉掘り自分のマッサージがどうだったかなんて聞けないのです。マッサージ終了後に自分がリラックスしている状態でいちいち聞かれる方も嫌ですよね(笑) でもこの実習期間はそれが許されます。それが出来るのです。なので実習期間中はどんどん聞いていきましょう。聞いて怒るお客様はいません。

また、すでにプロとして活躍しているこの学校の卒業生もサロンによく来られます。お客様とはまた違った意味で施術は緊張しますが、指名したいと言われた時には何より嬉しかったです。プロの目線から見るマッサージの反応も伺えた貴重な経験でした。

この場では一番大事な基礎を学んでいきます。ここを適当にやっているだけでは成長はないし、上達もないと思います。今でも書いてもらったアンケートは大事にとっています。

 

メリット2

実技テストが受けられる

420時間という実習時間をこなしていかなくてはいけません。そこで実技テストが挟まれます。これは強制ではないですが、大体100時間の実習をやり終えたあたりで、自分の習った先生にお願いして自分のマッサージを見てもらう事ができます。

それも1対1で。こんなうれしいことはありません。授業では少人数とはいえ、他の生徒がいますが、この実技テストでは先生を独り占めして指導してもらえます。私は大体200時間あたりで一回見てもらいました。

この良さは教室で実技を習ってから200時間までいくのに数か月は日を要します。そうすると、いつの間にか正しいフォームが崩れていたり自分では習った通り実践しているつもりでも、実は違っていたという事もあるので、もう1度見直してくれる機会があります。先生達も大変忙しい中、時間をさいてもう一度見てくれる機会を作ってくれます。実際に受けてみて、、、ほんとに見てもらえて良かったと心から思います。

授業であれだけ聞いてノートに書いてても自分の癖がでていつの間にか知らず知らずにその癖が身についてパターン化していたり、全然違うことやっていたり、、、笑。一から再度細かくチェックしてもらえ、改善していきました。自分のきちんと出来ていなかった部分を丁寧にできるまで教えてくれたので、初めて教わる最初の時に比べると、更に先生の言っている意味が理解できる場面もありました。自分はまだまだだと改めて実感するとともに、頑張ろうと更に意欲がわくテスト実技になりました。

 

メリット3

自分のペースで実習が行える 

座学、実技のクラスでは学校で決められたスケジュールで2か月進められます。この後の実習に関しては、420時間を達成するのに、自分にあったペースで行う事ができます。実習が始まってやる気に満ちていた私はさっさと実習を終わらせて早く一人前になりたいと思い、ほぼ毎日のように学校へ行きサロン開店から閉店までいました。繁忙期は一日に毎日3人程度施術していました。すると毎日毎日行っているので、まだ慣れていない自分の腕や手、関節が痛くなってしまう事もしばしば。特に最初の方はコツもうまく掴めていない状態でがむしゃらに頑張っていたら痛める事もしょっちゅうありました。

それからペースを落とし、自分の体調に合わせて週2回~3回に減らすとか、毎日行くけど、一日のサロンでの時間を減らすなどして調整しました。日本からの留学生は週に何十時間は実習をしなくてはいけない決まりがありますが、それでも上手く計算しながら自分のペースで通うことが可能です。できる事なら毎日1人でも施術して勉強していけばいいのかもしれませんが、結局達成しなければいけない実習時間は同じです。それが速くすむか時間がかかるかだけの違い。私が言いたいのは、早さではなく中身です。自分の体調を壊しては元も子もないのです。ロミロミとは?で少しお伝えしましたが、自分の持ついいエネルギーを出していく事もこのロミロミマッサージでは必要不可欠。それが例えば、疲れ切ってしんどいと思っているセラピストに誰がマッサージをしてもらいたいでしょうか。そんな人からいいエネルギーがでているとは到底思えません。もはや負のオーラさえ感じるかもしれません(笑)そういった意味でもこの学校では無理することなく、自分に合ったペースで学習することができます。

 

メリット4
実習の空き時間を有効活用できる

繁忙期にはフル回転でお客様にマッサージをしていきますが、サロン自体が暇な時もあります。そんな時は空いている部屋で生徒同士練習しあう事ができます。これが一石二鳥なのです。と言いますのも、お互いに練習しあい、復習を含め内容をシェアしあえることができます。どの部位をアプローチしているのか触られた時の感触があっているのか、いないのか、授業でやって覚えていますので、生徒同士だとそこは違うとかそこはもっとこうしていくなどお互いに教え、修正しあえる点があります。人にマッサージするからと言って自分の体がこっていないというのではありません。もちろん自分の体だって凝ります。そんな時は練習もかねてマッサージし合う事で自分の体をメンテナンスしていくことができます。テスト前には空き時間にテスト勉強をしたり、アナトミーの本を読んだりもできます。空いている時間があればうまく利用して自分からどんどん進んで勉強していける環境です。

 

メリット5
マッサージ技術以外の丁寧な接客、カウンセリングの仕方も学べる

マッサージの技術はもちろんのこと、サロンではお客様が来店された時点から生徒自身で接客をしていきます。いきなり施術にご案内するのではなく、カウンセリングを通してお客様の体調、体の状態を細かく聞いていきます。また、体のどこを具体的にアプローチしていくかなど、お客様のご要望に合わせてそれを瞬時に自分の中でどの手技を使って、どこの部位にどのくらい時間をかけてやっていくか等、うまくマッサージの計画立てながら考えていく必要があります。この学校ではそういったマッサージ前のキメ細やかなサービスの指導もはいります。カウンセリングはマッサージにおいてとても大事な要素ですが、実は結構やらないお店も多々あります。挨拶と世間話だけされて一番肝心のカウンセリングがなく、いきなり施術に入るなんて今の私からしたらありえません。案の定、可もなく不可もなくなんとなくマッサージされて終わり。カウンセリングがないのに何に基づいてお客様のマッサージプランを立てるのでしょうか。正直こんなお店にお金なんて払いたくありません。この学校では自分がお客様になった時にしてもらいたい事をきっちりと丁寧にやってくれます。

こんな人には向いていない

すべてを英語で学びたい

この学校は先生、生徒含め全員日本人となります。実習のサロンに来店されるお客様は海外からの方も多いですが、割合としては日本からの観光客が大きな割合を占めています。私は日本語で学べる環境が自分には合っていたのでよかったのですが、もうすでに英語力をもっていて、すべてを英語で習いたい方にはここでは物足りない気がします。 私みたいに日本語で理解しながら学びたい方にはおすすめです。

 

学校選びのアドバイス

一番大事なのは自分が何を学びたいかで大きく変わってきます。私はロミロミを習いたいと思っていたのでロミロミという名称を出していたこの学校に即決しましたが(笑)マッサージと一言で言っても色々あります。特に留学生に考えてもらいたいのは、ハワイまできてマッサージを習う意味を自分なりによく考えて決断されてください。結局どこの学校に行っても自分のやる気次第というところはありますが、このロミノ学校の生徒はみんな限られた時間の中で毎日、必死に勉強しています。特に留学生は自分たちが日本に帰ってからのビジョンを明確に持ったうえでハワイまで習得しに来ている子ばかりでした。なので、ただハワイにきてとりあえず習ってみるくらいの程度でしたら卒業するのも一苦労かと思います。

この学校は良い意味で放置型です。自分が真剣に取り組めば先生も一生懸命になって答えてくれるし、向き合ってくれます。義務教育の学校ではないので一から十まで言われないし、自分が学ぶというスタンスで自分発信で聞いていくことが必要です。この学校はそれに答えてくれます。受け身だけのただ待っているだけではそこからは何も生まれません。先生や生徒同士を良い意味で利用してしっかり習得できる環境がこの学校にはあります。

学校選びに迷っているのなら、まずは学校のホームページをよく見比べてどんな特徴があるのか、どんな事が学べるのかしっかり把握すること。写真付きで紹介している学校もあります。とある学校の写真を見てびっくりしたのですが、施術の練習をしている女の子の来ている服が肩だしトップスで練習していました。そんな格好でどうやったらいいマッサージができるのか不思議で仕方ありません(笑)

ある程度は写真からでも見極めることができると思います。学校の説明会に参加する、資料を送ってもらう、直接メールで問い合わせるなど方法はたくさん。中には、ハワイに旅行ついでに来た時に実際に学校に寄って先生と話したり、様子をみてこの学校に決めたという留学生もいました。できることなら実際に足を運んで自分の目で現場を見比べるのが一番いいのかもしれません。この学校のサロンのように、実習生がマッサージをしてくれる場所がいくつかあります。実際にお客様として潜入し、カウンセリングの様子や実際にマッサージを体験されるのも一つの方法だと思います。

自分が学びたい事と学校が提供してくれる環境が一致しているかどうかをしっかり見極める事が学校選びのポイントになってくるかと思います。目的意識を持って学校を選ぶといいと思います。

 

ABOUT ME
mm
Maki Henman
今まで「ハワイでセラピスト」なんてみじんも考えた事がなかったですが、2018年6月に無事ライセンス取得しました。ハワイでマッサージライセンスを取得してみたいと迷っている方の参考になれ嬉しいと思い、実体験を記事にしています。
わたしが卒業したマッサージスクール
指名がつくほどの技術が学べる!指名がつくほどの技術が学べる!

少人数制で日本語で学べる!少人数制で日本語で学べる!
資格試験対策もバッチリ!資格試験対策もバッチリ!

私から見た学校は?